改修工事のサインとは

 

建物で起こる様々な症状は、人間の体と異なって、自然に治癒することはありません。 これから掲げる項目のうち2~3項目に該当したら改修を決断するタイミングです。まずは症状を確認いたしますのでお気軽にお問い合わせください!  ※各写真はクリックすると拡大してご覧いただけます。


白亜化(チョーキング)現象

塗装は樹脂でつくられますが、紫外線・水分・熱等の作用により、樹脂の結合が分解して劣化していきます。 チョーキングは樹脂の結合が分解し、顔料と共に、粉末物として固着する現象。外壁面を手でなぞり、白い粉がつくときは塗装の塗替えが必要です。

 

鉄部のサビ

鉄は「水分」と「酸素」があれば電気化学的反応によって、腐食が起こります。これを防ぐのが塗装です。 塗装は時間の経過で樹脂の結合が分解して劣化し、その部分から鉄が発錆(=錆びる)し、いったん鉄が錆びると健全な塗装があってもその内側に浸食しますので、早期の段階でサビを除去し、再塗装することをお勧めします。

 

シーリングの劣化・ひびわれ

シーリング(コーキング)は、サッシ廻り、外壁目地などに充填され防水の役割を果たします。概ね10年で樹脂が分解し、チョーキングやひび割れ、剥離を発生させ、その部分から水が入れば漏水の原因になりますので、定期的な打ち替えが必要です。

 

ひび割れ(クラック)

どんなに頑丈な鉄やコンクリートでも気温変化で伸び縮みを繰り返します。これを繰り返す中でひび割れが生じます。 ひび割れはその他にも使用状態や、施工の問題など、必ず理由があり、理由に対しての補修方法があります。目でハッキリ見えるひび割れは必ずご相談下さい。

 

タイルのひび割れ・剥離

躯体は生き物です。建物の動きに対して弱い部位には剥離(浮き)やひび割れが生じます。この部位を放置すると剥落事故の危険性がありますから、早急な対応をおすすめしています。

 

爆裂による剥離

爆裂は、コンクリート内部の鉄筋が腐食膨張し表面のコンクリートを押し出し発生します。鉄筋コンクリートは、鉄筋とコンクリートが健全な状態で成り立つ構造です。鉄筋が弱くなることは骨が細くなると同じ意味で構造としても弱くなるものです。早急な対応が必要です。

 

防水層の汚れ・はがれ

防水は、層を構成するシートや、塗膜が健全に作用して機能します。防水層はまずトップコートが紫外線、水分、熱等により劣化し、その後、防水層本体の劣化が始まります。まず汚れの段階で点検を行いトップコートを塗りなおすか、浮き、剥がれがあれば直ちに改修をおすすめします。

 

防水層のふくれ・浮き・水風船のようになっている

防水層のふくれ・浮きは、時間をかけて剥がれに直結し、水ぶくれはどこかの防水層が切れており、漏水間近の状態です。早期の段階で補修をおすすめいたします。

 

ドレンのつまり・屋根の苔

ドレンのつまりは排水性能が落ちるほか、土が滞積して植物が生えやすくなり、植物の根で防水層が痛み雨漏れの原因になります。また、屋根面のコケや藻が発生している場所は、雨水を吸収し水気を帯びていることが多く、紫外線を受けると反り返りの原因になり、劣化が急激に進みます。

 

外壁診断は無料で行っています。まずはご相談ください!