エルアフィード株式会社の品質方針

 

 一. お客様とのコミュニケーションを重視し、お客様の真のニーズに適合した製品及びサービスを提供いたします。

 一. 事業活動に適用される法令、及び要求規則を順守致します。

 一. 事業活動のあらゆる場面でPDCAを実践し、企業体質の強化及び企業価値向上の実現に努めます。

 一. 品質マネジメントシステムの構築を目指し、変化する環境に対応してまいります。

 

弊社は改修工事設計や、工事進行の中で必要な品質試験を実施し、本当に必要な工事仕様のご提案、施工後の品質保持を行っています。


塗装工事

電磁式塗膜計による検査

主として素地が鉄の場合に使用して、既定以上の塗膜厚が確保されているかどうかを確認します。

 

 

くさび型切削膜厚計による検査

主として素地がコンクリートの場合に使用して、既定以上の塗膜圧が確保されているかを確認します。

 

 

クロスカット碁盤目試験

塗装は色がついただけではなく、下地としっかり密着しているかどうかも大事なポイントです。

防水工事

マックゲージによる検査

防水層の厚さを確認します。ウレタン防水では厚さによって施工保証期間が変わる、つまり、長持ちするかどうかが変わるため、マックゲージにより確認いたします。

 

タイル工事

外壁タイル引張試験による試験

タイルの張り替え、樹脂注入を行った場合、接着強度の確認として実施します。

漏水調査

サーモグラフィーによる調査

タイル面下の水みちの確認や、タイル浮きを判別いたします。

 

 

サーモグラフィーによる調査

室内での漏水が確認できる場合、その発生原因を判別いたします。

 

その他工事

コンクリート現場品質試験

コンクリートを打ち込む前に柔らかさ、空気量、塩分量、後日行う破壊試験の供試体を採取します。

 

鉄骨トルク管理

ボルトで固定する鉄骨工事ではそのトルクを管理します。

 

鉄筋探査(レーダー式)

鉄筋の深さの確認や、位置を確認し設計図書との対比や、エクステリアのアンカー設置位置を決めます。

 

鉄筋探査(エックス線)

設備配管を増設するケースでは絶対に鉄筋を傷つけない位置が必要な場合ではエックス線を利用することもございます。

 

土壌分析   

土壌汚染対策法や土壌環境基準に基づく土壌分析が必要なケースではサンプリングを実施し、分析いたします。